SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんかに使えそう

<ルール>
1.日々の生活で、「なんか(作品に)使えそう…」と思ったモノを書く。
2.それで作れそうな作品を最低2つ挙げる。
3.実現度を★の数で示す。(★5つで最高)
なんかに使えそう:カードリングと名前ホルダー
0

    これは、何の変哲もない(?)文具用の円形カードリングと名前ホルダー。

    以前、堀江のこじゃれた雑貨屋で、この変哲のない名前ホルダーの中にこじゃれたイラストを描いて売ってるのを見た。
    そこで、ちょっと思いついたのだ。

    ***
    数年前から焚き火料理で何でも焼いてしまおうという会をやっている。場所はオートキャンプ場みたいないいとこじゃなくて、そのへんの河原。
    ただの河原にゴザなど敷くだけなので、以前にも書いた通りモノが散乱してどこに何がいったやら分からなくなるのが悩み。
    特に困るのは、皆似たようなアウトドア用の食器を持ってくるため、誰が誰の食器だか分からなくなってしまうのだ。

    そこで、次回からこの名前ホルダーに円形カードリングをつけて、簡単に食器につけられるキーホルダーを作ろうと考えた。
    ↓こんなふうに

    キーホルダーに参加者各々の名前と、イラストをつけておくのだ。
    名前ホルダーじゃなくて、昔なつかしい「プラバン」でもいいかもしれない。
    普通のキーホルダーの金具もアトリエの「なんかに使えそう箱」に入っているのだが、アレだと変に丈夫なため取り付けにペンチが要る。
    どうせ一回きり使って記念に持ち帰ってもらう程度のものだから、そんなにちゃんとしたキーホルダーでなくていい。

    実現度:★★★★★(出来上がったら写真をアップします。)

    箱(ばこ)


    | [なんかに使えそう]焚き火料理に使えそう | 05:51 | comments(0) | - | - | - |
    焚き火料理に使えそう・菓子箱
    0

      フト考えれば、100円均一にゆけば「なんかに使えそう」な箱やカンカン(※)はいっぱいあるこのご時勢に、菓子箱や食べ物の容器を見て「なんかに使えそう・・・」とつい考えてしまう自分は旧世代なのではないだろうか。もはや、あめちゃん(※2)の包み紙をのばしてとっておくおばあちゃんの域に達しているのだろうか。

      さて、チッ○スターの丸い筒である。これで何を作れるだろうか。
      ひらめいた。
      机の脚にするのである。
      家の中でではない。おそとで焚き火料理をするとき、机を作るのだ。
      チップ○ターを4本買ってゆき、上に何か板状のものをかましたらミニ机になる。中身は焚き火料理と共においしくいただいて一石二鳥。
      コンビニでもどこでも売ってるし、最後は燃やしちゃえば荷物にもならないし。

      次回の料理テーマは「チップス○ーフルコース」にしよう。

      実現度:★★★★★

       缶のことを「カンカン」と言うのは大阪だけなのだろうか。
      ※2 飴のことを「あめちゃん」と言うのは関西だけらしい。関東ではそんな言い方しないらしい。同様に関東では神社に「さん」をつけて「住吉さん」「天神さん」などとも言わないらしい。

      箱(ばこ)

      | [なんかに使えそう]焚き火料理に使えそう | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
      なんかに使えそう・焚き火料理に使えそう
      0

        2年ほど前から、「河原へ行って野外で作品を展示し、ついでに焚き火で料理もしてしまう」という会をやっている。(詳細については、おいおいこのブログで触れる)

        野外料理といえば何かと道具が要る。しかし、私どもは学生時代の貧乏キャンプの延長だからほとんど装備がない。
        たとえば社会人になってからアウトドアを始めた人なら必ず折りたたみテーブルやイス、バーベキューコンロなど持っているものだが、そんなものは今まで一回も買ったことがない。

        ちゃんとしたものを買ったのは、キャンプ用ナベと小型バーナーだけ。それ以外の道具はほとんど、百円均一や三百円均一などで揃えている。
        ナイフ・焼き網・炭・ライター・アルミホイル・ござ・食器など・・・そして河原にしゃがんで直火。

        でも、こんな貧弱な装備でやっていると、道具が散らかってしかたがないのだ。
        もちろん、テーブルがないからである。したがってすべての道具はゴザの上に乱雑にころがされる。誰が誰のか分からない。

        そこで、ずっと「テーブルがわりになる何か」および「道具入れになる何か」を探している。
        ここで条件がある。私どもはすべて電車移動なので、クルマで運ぶようなでかいもの・重いものはNG。コンパクトに折りたためること。

        そこで、コレが「なんか使えそう」な気がしてきた。

        そもそもは無印で買った洗濯物入れの足なのだが、折りたためるし、ひっかけるところもある。

        焚き火料理での使い道
        ・ゴミ袋をひっかけて簡易ゴミ入れ。
        ・上に薄い板をかまして簡易テーブル。
        ・上から食べ物をつるしてクンセイ作り。

        実現度:★★★★★(春になって実現したら写真でレポートします)

        | [なんかに使えそう]焚き火料理に使えそう | 22:30 | comments(0) | - | - | - |