SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんかに使えそう

<ルール>
1.日々の生活で、「なんか(作品に)使えそう…」と思ったモノを書く。
2.それで作れそうな作品を最低2つ挙げる。
3.実現度を★の数で示す。(★5つで最高)
なんかに使えそう:粗大ゴミ
0

    ローカルな話で恐縮だが、アトリエ・ペンギンレインのある街は、数ヶ月後から粗大ゴミの引きとりが有料になる。

    そのせいで、「駆け込み粗大ごみ」がかなり多いらしい。
    10年ぐらい使ってついにスイッチが壊れた扇風機を出してしまいたいのだが、粗大ゴミ引き取り受付の電話がずう〜〜〜っと混み合っていて全くつながらない。
    有名コンサートのチケットをとるがごとく、ペンギンと2人それぞれの携帯からかけまくったのだが何度かけても話し中か、「ただいま電話が大変混み合っております」という女性の声。

    そんなある日、ペンギンとアトリエの近くのマンションを通りかかったら、粗大ごみがたくさん置いてあった。
    「このゴミたちは、無事あの混みあった回線をパスしたのか・・・いいなあ・・・」と思っていたら、ペンギンが立ち止まってゴミの山を見つめている。
    視線の先には、束ねた木材が。おそらく、家具をバラしたものであろう。

    「なんかに使えそう・・・」

    何に使えるのかと聞くと、(1)作りかけのフィギュアを置く台に使えそう、とのことである。(画像参照)

    私は、 (2)焚き火するときにいい焚き付けになるのではないか と思った。

    でも、さすがに持って帰る勇気はなかった。

    実現度:★

    箱(ばこ)

    | [なんかに使えそう]道具編 | 22:33 | comments(0) | - | - | - |
    なんかに使えそう:新聞
    0

      アトリエ・ペンギンレインは、ワンダーフェスティバル2006夏というビッグイベントを終え、いまアトリエ一同バテている。
      (よこの写真は出展した改造ベムスター。買ってくださった方、見に来てくださった方、ありがとうございました)

      そんな折、ペンギンが「新聞をとらないか」と言い出した。

      現在、アトリエでは新聞をとっていない。ネットニュースで事足りるからだ。
      しかし、理由を聞いてみると・・・・


      「作品を梱包するときに、古新聞がないと不便」

      だからだそうだ。

      我々は、何事ももっと「本来の目的」に使用するべきではないだろうか、とやや反省した。

      箱(ばこ)

      | [なんかに使えそう]道具編 | 21:55 | comments(0) | - | - | - |
      なんかに使えそう:お大師さんの合金ボウル
      0

        毎月21日は、四天王寺のお大師さんの日。
        というわけで、四天王寺に大量に出る露店へ「なんかに使えそう」なモノを探しにゆきました。

        で、GETしたのがこれ。

        なにか色を見ると仏壇チックだが、料理用だと思う。今時珍しいメイド・イン・ジャパンのボウル。
        サイズはお茶碗より少し大きいのと、少し小さいの。
        ペンギンがずっとこの程度の手ごろなボウルを捜していたのだ。

        <使い道>
        ・フィギュアを作るとき、水とぎに使う。(※)
        ・複製後のフィギュアを、シリコンの油をとるために洗う。
        ・作りかけのフィギュアの細かいパーツをなくさないように一時保存の入れ物。


        ※水とぎとは、おわんの中に水を入れ、フィギュアを中に漬けて紙やすりで磨く作業。紙やすりに磨いたカスが詰まるから、それを水で洗い流しながら磨いて細かいキズをとる。だからどちらかというと、フィギュアを洗っているというよりは紙やすりを洗っている。

        実現度:★★★★★

        箱(ばこ)

        | [なんかに使えそう]道具編 | 22:26 | comments(0) | - | - | - |
        なんかに使えそう道具編:バターナイフ
        0

          いま、「会話のきっかけレシピ展」の作品を制作中。
          今回は、半立体のレリーフ作品に挑戦しようと思っている。

          レリーフというのは、例えばこんなかんじの半立体作品。時期はずれですが。

          今回は下地(背景)から粘土で作ってしまおうと思って、こんなふうに板に粘土を塗りつけてみた。

          この作業が楽しくてたまらない。お菓子づくりに似ている。

          ここで欲しいのが、ナイフ状の粘土を塗りつける道具。
          油絵などで使うパレットナイフは高いので、家で使っているバターナイフを使おうと思った。

          もらいもののGIVENCHYのバターナイフが家にあったので使おうと思ったら、「もったいない!やめなさい」とペンギンに止められた。
          自分だって無印良品の高級な(?)料理用ステンレスボウルを見て「フィギュアを水につけて磨くのに使えそう・・・」と買おうとしたくせに。
          仕方ない。百円均一で買ってこよう。

          バターナイフ使い道
          ・粘土を板にうすく塗りつける。
          ・粘土のカタマリを切り出す。
          ・製作中のヘラ代わりにも。

          実現度:★★★★★

          箱(ばこ)

          | [なんかに使えそう]道具編 | 09:13 | comments(0) | - | - | - |