SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんかに使えそう

<ルール>
1.日々の生活で、「なんか(作品に)使えそう…」と思ったモノを書く。
2.それで作れそうな作品を最低2つ挙げる。
3.実現度を★の数で示す。(★5つで最高)
なんかに使えそう:印刷物
0
    「ありがとうのカタチ Thank you card 170」(文化出版局、井上由季子 著 )という本を読んで、むしょーーにコラージュがやりたくなった。

    もともと幼少時からハサミが大好き。ハサミで紙を色んな形に切り抜くのが大好きだった。
    いまでもカッターナイフより圧倒的にハサミが好きなので、ハサミで紙を切り抜くとわくわくする。

    さて、コラージュ。以前「ワタシは紙が捨てられない」と書いたが、パンフレットやちらしのたぐいも、ビジュアルがキレイなものはつい持って帰ってきてしまう。

    では、これらの印刷物でコラージュができないか、と早速色々切ってみた。

    ・・・難しい。「ラフに切り抜く」というのがこんなに難しいとは。
    いや、単に切り抜くのはかんたんだが、「ラフで、それでいてカッコ良く」切り抜くにはかなりセンスが要る。
    芸能人の「ラフな」感じの髪型が、プロのヘアメイクによる念の入ったスタイリングの上に成り立っている、というのと同じことなんだろう。

    それでも、某百貨店のお歳暮カタログでこんな封筒を作ってみた。
    ◆おもて面◆

    ◆うら面◆

    海外に住む友人に送りつけてやろう。

    使い道:
    ○「和」な写真や模様を切り抜いて封筒やハガキにコラージュし、海外に住む友人に送りつける。
    ○アトリエ・ペンギンレイン地元ならではのパンフやチラシを切り抜き、関東に住む友人に(以下略)
    実現度:★★★★★
    それにしても、ハサミでちょきちょきするのは楽しい。しばらくコラージュ熱は冷めそうにない。
    問題は、ひとりで悦に入ってもつまらないので人に送りつけたくなることだ。
    友人ご一同様、しばらくヘンな切り抜き手紙が送りつけられると思いますが、辛抱してください。
    | なんかに使えそう[見事実現編] | 10:38 | comments(0) | - | - | - |
    なんかに使えそう:見事実現報告
    0

      チップスター+すのこ机、ついに実現しました。
      3月も終わりに近づいた某日、初春の河原焚き火料理会にて。

      まずはチップスターの中身を取り出し、中に小石を詰める。
      そして、すのこにガムテープでしっかり固定。

      ここで、「足(チップスター)をちょっと地面に埋めたら安定するんでない?」という参加者の提案を受け、地面に少し埋めてさらに石で足元を固定。


      布をかぶせたらとてもいい塩梅の机になりました。
      (写真でやたらたくさん食材を置いているのは、この日のメニューがおでんだったからです。)

      高さ的にも、調理をするのにちょうどいい高さ。特にぐらついたり、倒れたりというアクシデントもなく活躍してくれました。

      上の写真で、机の左横に写っているのは以前とりあげた「ゴミ袋おき」。参加者によると、机があってその横にゴミ捨て場があるのはとても便利だった、とのこと。(今まではその辺にゴミ袋をころがしていたので、「ゴミ入れどこ?」といつも探さないといけなかった。いかにこれまでのやり方が原始的かつ乏しい装備だったかが分かる)

      さらに前回とりあげた「カードリング」は、昔なつかしい「プラ板」と組み合わせて全員分のキーホルダーを作ったので、どれが誰の食器か分かりやすくなりました。

      次回の焚き火料理会までには、すのこを加工して「軽くて折りたたみ可能な足がついている」机にしたいと思っております。

      箱(ばこ)

      | なんかに使えそう[見事実現編] | 13:04 | comments(0) | - | - | - |
      なんかに使えそう:すのこ[見事実現編]
      0

        ついに、河原で焚き火料理するときに理想的な机が出来上がった。

        コーナンで「すのこ」179円也を買って来たのだ。

        以前とりあげた「チップスターの筒」を4本足にして、すのこを上に置くと、ホラ簡易テーブルの出来上がり。


        それらしく野外料理アイテムを置いてみた。
        高さも地べた座りにちょうどいい高さだし、料理台にぴったりだ。
        ちょっとぐらぐらするかもしれないが、チップスターの中身を出して石を詰めれば重みが出て安定するだろう。
        軽くて持ち運びに便利だし、チップスターはおやつにちょうどいいし、すのこは邪魔なら最後に焚き火で燃やしてしまえばいい。

        ひとつ難を言えば、チップスターってけっこう高いのだ。1本につき250円くらいする。(すのこより高い)
        なんだかんだ言って1000円の机というわけだ。一回で燃やしてしまってよいものか・・・。

        3月末に焚き火料理行う予定なので、使い心地は写真でレポートします。

        箱(ばこ)

        ※ちなみに、今回実験と称して買って来たチップスター4本(大サイズ120g)は、箱とペンギンが3日間で全て食べてしまった。

        | なんかに使えそう[見事実現編] | 22:47 | comments(0) | - | - | - |