SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんかに使えそう

<ルール>
1.日々の生活で、「なんか(作品に)使えそう…」と思ったモノを書く。
2.それで作れそうな作品を最低2つ挙げる。
3.実現度を★の数で示す。(★5つで最高)
<< なんかに使えそう:金魚すくいの袋 | main | なんかに使えそう:画材屋の端紙 >>
なんかに使えそう:古着、古布
0
     ペンギンは布が捨てられない。どんなにすりきれても穴があいても、
    「もったいない」のだそうだ。
    だから、会社から支給された仕事用タオルを10年くらい使っていた(去年の年末、ついに新しい「仕事用タオル」を導入して古タオルは猫の敷物になった)。

     誰でもこういうのあると思う。「どんなに古くなっても捨てられない」もの。(ちなみに私は「紙」)

     で、アトリエ・ペンギンレインでは、古くなったタオルや古着は「ウエス」というものに生まれ変わって天寿を全うするのであった。
    ウエスというのは、「機械類の油を拭き取ったり、汚れ・不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布」(ウィキペディアより)。
    要するに、筆とか容器とかの汚れを拭くのに使っているのだ。
     それでも布を愛するペンギンは、古着の端っこからちょっとずつちょっとずつ切り取って使っていて、なかなかなくならない。

     ところで、アトリエでは最近「ミシン」がデビューした。私は今、とにかく何でも縫いたくてしょうがない。
    そこで、ウエスを縫い合わせて袋を作り、シンナーの入ったびんを入れるとちょうどいいサイズになった。

    おお!こうしておくと、シンナーで筆を洗ったあとウエスで拭くのにちょうど都合がいいではないか。
    ペンギンに自慢すると、ひとこと「貧乏臭い」という返事が返ってきた。

    <使い道>
    なかなか「おされ」な使い道が思いつかない。ワタシ個人はあまり布に思い入れがないせいか。

    <実現度>
    ★−3つ
    | [なんかに使えそう]紙・布 | 20:01 | comments(0) | - | - | - |