SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

なんかに使えそう

<ルール>
1.日々の生活で、「なんか(作品に)使えそう…」と思ったモノを書く。
2.それで作れそうな作品を最低2つ挙げる。
3.実現度を★の数で示す。(★5つで最高)
<< なんかに使えそう:フィギュアの原型、または失敗作 | main |
なんかに使えそう:印刷物
0
    「ありがとうのカタチ Thank you card 170」(文化出版局、井上由季子 著 )という本を読んで、むしょーーにコラージュがやりたくなった。

    もともと幼少時からハサミが大好き。ハサミで紙を色んな形に切り抜くのが大好きだった。
    いまでもカッターナイフより圧倒的にハサミが好きなので、ハサミで紙を切り抜くとわくわくする。

    さて、コラージュ。以前「ワタシは紙が捨てられない」と書いたが、パンフレットやちらしのたぐいも、ビジュアルがキレイなものはつい持って帰ってきてしまう。

    では、これらの印刷物でコラージュができないか、と早速色々切ってみた。

    ・・・難しい。「ラフに切り抜く」というのがこんなに難しいとは。
    いや、単に切り抜くのはかんたんだが、「ラフで、それでいてカッコ良く」切り抜くにはかなりセンスが要る。
    芸能人の「ラフな」感じの髪型が、プロのヘアメイクによる念の入ったスタイリングの上に成り立っている、というのと同じことなんだろう。

    それでも、某百貨店のお歳暮カタログでこんな封筒を作ってみた。
    ◆おもて面◆

    ◆うら面◆

    海外に住む友人に送りつけてやろう。

    使い道:
    ○「和」な写真や模様を切り抜いて封筒やハガキにコラージュし、海外に住む友人に送りつける。
    ○アトリエ・ペンギンレイン地元ならではのパンフやチラシを切り抜き、関東に住む友人に(以下略)
    実現度:★★★★★
    それにしても、ハサミでちょきちょきするのは楽しい。しばらくコラージュ熱は冷めそうにない。
    問題は、ひとりで悦に入ってもつまらないので人に送りつけたくなることだ。
    友人ご一同様、しばらくヘンな切り抜き手紙が送りつけられると思いますが、辛抱してください。
    | なんかに使えそう[見事実現編] | 10:38 | comments(0) | - | - | - |